2021年 冬至図 をマンデン占星術で読んでみる

2021年12月22日 00:59:25 冬至図

2021年の冬至図では、金星に強いスポットが当たっていますので、女性や子供、経済関係の事柄が強く出てくるでしょう。

金星なので「働き方」というより、お金の得方、扱い方といった所の一般論が大きく書き換わるような現象を、私たちは目の当たりにして感じ方が変わっていくような時期になりそうです。

毎月の満月、新月は日々の生活の流れや個人の心の在り様を読み解きますが、
春夏秋冬の四季図はその国全体をみるマンデン占星術の手法を使って読みます(オーブ1.5)

冬至図が表すこと

・太陽が山羊座入りする日(活動宮の星座へ入った瞬間=動きがある節目)
・日が1年で最も短い日(陰が極まって陽に転ずる節目)
・春分までの3か月に影響します。
・深い領域にある意識にフォーカスする季節となっています。

「問題を客観的に捉えながら分析して原因を突き当てる」ことがテーマ

アセンダントで冬至から3か月間の日本のテーマを見ることができます。

Asc天秤座17度 「引退した船長」

過去の失敗や、現在抱えている問題を客観的に捉えながら分析して原因を突き当てるような動きが見られるでしょう。
なかなかしんどいので落ち込みがちになり心理的に向き合うことがこの3か月のテーマになっています。
日本の賃金が上がらない理由といった記事が目につくようになって、その理由も、労働人口の高齢化とか、IT化の遅れとか、見えない先行き不安など、いろいろ分析が進んで原因がだんだんとはっきりし、やがて次の対策をどう打つべきかが見えるようになれば、先行き明るい方向に向かっていけそうですが、どうなるでしょうね。。。

金銭・経済・女性・子供の担当金星♀さんが主役

アセンダントサインが天秤座なので支配星の金星が重要になります。
金星は4ハウスで冥王星と重なり、10ハウスの月と対立する角度を取っています。

国土の環境治安や災害気象や地震)において
経済的なものも絡んで異常な状態だったり深刻な事柄に陥りやすい時期になっています。

ショッキングなニュースが頻繁に飛び込んできています。
国民の心も疲弊して不安定な感じに非常に陥りやすくなっていて危ないなと感じます。
うつうつとした渦のようなものが大きく深くなっている感覚があります。

しんどい時は無理せずにあたたかいお風呂に浸かって、ゆっくり呼吸をして安心できる居場所で過ごしてくださいね。
そして、地震の備えも今一度点検したりして備えてくださいませ。。。

政府は前の選挙戦からの公約の子育て給付金として、女性や子供には出しますが、それ以外の一般国民には出さないのでそこで対立が起こって・・・
結果的にもう二転三転ありそうな感じもあるっちゃーありますし、子ども家庭庁も立ち上がってきていますね。

この冬の期間、私たち一般大衆は、これまでのお金の価値観や経済システムが大変容しているなってことを、それぞれ体感している時です。

金星には海王星が60度にかかっていますので、3度目のワクチン接種の流れもありますから、薬品や病院関連の経済面(投資)は調子良さそうですね。

「聞く耳を持つ首相」はがんばってくれるはず

太陽は3ハウスにあり木星と60度を作っています。
「聞く耳を持つ首相」は子育て世代に給付金を出したり、子ども庁を立ち上げたりして困難の緩和を狙います。
60度なので穏やかにしか作用せず大きな救済にはならなさそうですが
少しでも頑張っていただきたいですよね。

海外に比べて日本だけ給料低いよね問題がやっぱり目立つこの冬

天王星が水星と120度、土星と90度になっています。

北京オリンピック(2月)は、みんなテレビは見るけど、参加はコロナだったりポリコレ面だったりで足並みは重い。
そんなイメージもできます。

新しいiPhone13が出てみんな飛びつくんだけど、海外に比べて日本だけ給料低いよねってまた目立つ。
金融政策を打って所得のボトムアップしていくような流れになっていく可能性があります。

まとめ~冬至~

2021年の冬至図では、金星に強いスポットが当たっていますので、女性や子供、経済関係の事柄が強く出てくるでしょう。
なかなか出なかった給付金も出ましたしね。
金星なので「働き方」というより、お金の得方、扱い方といった所の一般論が一歩引いた視点で客観的に捉える事によって大きく書き換わるような現象を私たちは目の当たりにして感じ方が変わっていくような時期になりそうです。

と、いう感じで、

社会的な流れはマンデンで読みますが、個人的な冬至から3か月の運気は自分の出生チャートを元にプログレス円、トランシット円の3重円を作成して見てみるとおもしろいですよ!

いつも参加者様の3重円をリーディングしながら感じさせられていますが、個人個人の3重円はそれぞれの運気や課題、目標を示していて、社会的な流れとは全くちがう流れが見えてきます。

社会的には、天候的にも治安的にも経済的にもかなり厳しめの流れではありますが、個人的な運気は別物です。
冬至の3重円で星の配置を見て、ラッキーはサクッと掴み、危機には備えて、それぞれの課題に向き合い、それぞれの目標にチャレンジすることが明確になっるので、取り組んでいくことによって、この荒波社会を幸せに乗り切っていけるきっかけとなる【冬至の会】参加者受付中です✨

 

この先、12月29日には木星が魚座に入ります。
自己責任論に取り残された弱者救済の流れがやってくる予感。

助け合い精神や、愛し合いが拡大する流れになっております。

やさしい世界がいいなぁ(*´ω`*)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事