2022年春分図をマンデン占星術で読む

2022年 春分図を読み解く

毎月の満月&新月のリーディングでは、日々の生活の流れや個人の心の在り様を読み解きますが、春分・夏至・秋分・冬至の四季図はその国の情勢をみるマンデン占星術という手法を使って読みます。(オーブ1.5度)

情報的に足りないところは普通の占星術の手法で補いながら、私の独断と偏見で今年の予測を立ててみたいと思います✨

春分 2022年3月21日 00:33 

equinox-2022-horoscopechart

毎年3月20日ごろ、太陽が牡羊座の0度に入った瞬間のホロスコープチャートを春分図と言います。
日本の1年の動向は、この春分図を用いて読み解きます。
春分図の有効期間は来年の春分(2023年3月21日)までになります。

2022年は四季を通してメインテーマを表すAscが射手座

春分 ・・・ Asc 射手座×Mc 天秤座👈
夏至 ・・・ Asc 射手座×Mc 天秤座👈
秋分 ・・・ Asc 蠍座 ×Mc 乙女座
冬至 ・・・ Asc 射手座×Mc 天秤座👈

Asc 射手座×Mc 天秤座は、
広い視野で物事を柔軟に考えるようにしたり、相手の立場になってアドバイスをするようなことを求められたりする流れになっています。
射手座的な上昇に向かうような知性と、天秤座的な調和的センスを活かしていく流れとなるでしょう。

Ascは射手座の24度【家のドアに止まっている幸せの青い鳥】

ゆとりのある度数です。
衣食住は満たされ、満足で豊かな生活環境に恵まれていると思える。
日本は貧しくなってきていると言われていますが、まだまだ安全な飲める水や、快適な家、余るほどの食べ物が安い価格でいつでも手に入る環境です。
しかしそれは世界を見ると恵まれているエリアだと知り、与えられている幸福にありがたいなと感じることがあるでしょう。
自分の立場や考え方はあっても、色んな異なる意見に対しても心を開いた態度を取っていく姿勢。陽気で素直であれば周りから好まれます。

そういった面があらゆる場面で出てきては繰り返していく1年を経て
Mcが国としての成長のゴールを示しています。

Mc は、天秤座13度【シャボン玉をふくらませている子供たち】
知性が鍛えられ、国としての応用力が身についていきます。
物事を多角的に見ることも以前よりできるようになり、雑学教養も得られるようになるでしょう。

ICにキロンとパラスが合

困っている人を見ると見過ごすことはできないという大和魂のようなものが湧きおこり、周辺諸国からも頼りにされるという感じが強く出ています。
失敗を糧にしていく度数の上で、教訓が生まれる位置にありますので、日本も難民や国際的な役割を受け入れたり、救済しながら、起こりゆく問題を乗り越えていくのでしょう。

日本とウクライナの関係は11ハウスの同盟国とかかな、とは思いますが、春分図では11ハウスには天体は無いので、可もなく不可もなく程度の受け入れ範囲なのでしょう。
11ハウスのカスプの度数も、救済を通しての新しい関係性の中に新しい在り方が見つかるという意味のある位置なので、日本としては難民の受け入れや救済は常識の範囲内でやって行くのがいいのでしょう。

2ハウスと3ハウスに天体が集合

2ハウスの意味
財政、財産、金融市場、金融機関、国内取引
3ハウスの意味
輸送、通信、メディア、教育、隣国との取引

この辺りにハイライトが当たる1年となるでしょう。

☉太陽は3ハウスにあり♇冥王星が60度

日本の首相☉は、金融財政に関わる巨大権力との協力関係で、輸送関連、メディア、通信関連、隣国との取引(3Hごと)に着手することがメインになっているようです。

同じ3ハウスには☿水星と♃木星が合で、近くに♆海王星も入室していて、4天体集中しています。

大きな方向性が変わっていく中で、賢明な判断力で独断的に決めて進めて行くような流れになっています。
この水星と木星には、キロン&パラスがセクスタイルになっています。
周辺諸国からも(金銭的に)頼りにされて、救済していくと、将来的に良い関係性となって行く暗示。

海王星がどう出るかで、ムードは全く違うものになりそうなのですが、
海王星が良い方向で出ると、優しい救済の理想的なムーブメントが広がっていく。と見えるでしょうし、
海王星が悪い方向で出ると、マスコミが印象操作して嘘の情報が流され騙されている。と見えるでしょう。

こういうのって、個人個人がそれぞれ遺伝や生い立ちの中で形成されてきた人生観や社会観の前提条件がとても影響する所なので、
結局本人が何事も見たいように見ているのが顕わになるのでしょう。
とういう見方をしていても、本人がそれで楽しかったり満足していたり、幸せだったりすれば、本当にどっちでもいいと思います。ハイ。

2ハウスの♂火星&☿水星と♄土星と♇冥王星

財政、財産、金融市場、金融機関、国内取引の所に、♂火星(軍事・戦争)と♀金星(金銭・経済)が合なので、日本だけの問題じゃなくて、世界的な視野で見て、防衛費とか軍事費とかその辺にお金を当てて行く流れに見えます。
土星も水瓶座で2ハウスにあるので、諸外国への支援のための義援金も上納していきそうですね。
2ハウスのカスプに冥王星が乗っかっています。
この冥王星は、太陽には穏やかにエネルギーを注ぐがそんなに重大な変化は引き起こさない角度ですが、月(国民)に対しては困難を強いる90度にアスペクトしています。

春分図全体では、今の日本の環境は良いので、困っている国や組織に対してえびす顔で救済していく姿勢になっていますが、日本国内にいるわたしたち国民は、長引くコロナ禍で忍び寄るスタグフレーションにおびえているのに、さらに国際情勢が不安定になって、そっちにもお金が流されてしまい、経済的にはキューキューしているようなイメージです。

【2022年春分図 まとめ】

前回の冬至のリーディングでは、所得の減少についてフォーカスされていましたが、3か月経ったこの春分では、全然豊かにはなっていないけど、それでもまだ日本は、安全で豊かで平和な国なんだな。ということを知る1年なのかなと感じました。

長引いているコロナ禍からの東西戦争勃発だなんて泣きっ面に蜂のような現在の地球模様ですが、私たち半径3メートルの世界はまた違う流れがあります。
上空は大嵐でも家の中では平和に豊かに快適でゴキゲンで学びだって深く遠く見分を広げる事だって可能なことです。

大きな国や社会的な流れはマンデン読みという手法で読みますが、
個人的な春分から1年間の運気は個人の出生チャートを元にプログレス円、トランシット円の3重のチャートを重ねて見るという手法があります。

個人3重円をリーディングしながらいつも感じさせられていますが、個人個人の3重円はそれぞれの運気や課題、目標を示していて、社会的な流れとは全くちがう流れが見えてきます。
2022年の春分の3重円であなただけの星の配置を見て、ラッキーはサクッと掴み、危機には備えて、それぞれの課題に向き合い、それぞれの目標にチャレンジすることをお伝えすることができます。
この先行き不透明過ぎるこの社会の荒波でうまく乗りこなしていくための地図をお届けしております。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事